直線上に配置

VIETNAM(1996/08/08〜08/15)

  
前年のホーチミンの良さが忘れられず、2年続けてのVIETNAM。
  ハノイは中国に近いだけに、ホーチミンに比べ落ち着いた印象。
  同行の友人の先輩が、当時、ハノイから電車で3時間ほど離れ
  たハイフォンで日本語教師をしていたこともあり、彼女を訪ねま
  した。


旅のスケジュール
1996年8/8 成田発→香港経由→ハノイ着
8/9 ハノイ市内散策(歴史博物館、水上人形劇)
8/10 ハノイ市内散策(ホーチミン廟…ホー・チ・ミンさんの遺体があります…、旧市街)
8/11 電車でハイフォンへ
8/12 ハイフォン市内散策、日本語学校見学
8/13 フェリーでハロン湾へ日帰り
8/14 電車でハノイへ
8/15 ハノイ発→香港経由→成田着


旅の様子
ホアンキエム湖
ハノイのシンボル。周囲にはベンチや遊歩道・広場などがあり、朝も昼も夜も、老若男女が集っています。昼間から碁盤のようなものを囲んでわいわいやっている大人(男)がよくあちこちにいるんだけど、仕事してないのか?と気になった(爆)。
旧市街
各通りに同業のお店が固まって並んでいる。
ここは食料品の通りで、香辛料から野菜・魚・肉、とあらゆるものが並んでいます。
ここは仏具通り。顔写真入りの墓碑です。
ロンビエン駅
ここからハイフォンまで電車で移動
ハイフォン
ハノイに次ぐ、北部第2の都市。ハロン湾への経由地ということと、日本系企業の工業団地があることで、割と知られている町のようです。

ちなみに、映画館のようなんですが、ドラゴンボールとセーラームーン(爆)の看板でした。
日本語学校
友人の先輩が働いている学校に見学。と、突然特別講師状態になり、クラスの教壇に立たされるはめに。

仕事柄つい質問してしまった「皆さんはいつ、歯をみがきますか?」の問いかけに「朝と夜と、を食べたあとにみがきます」…瞬間、絶句。

そして「ベトナムでは初めて会った人は歌を歌います」というベトナム人の冷たいジョークに押されて歌ってきました。そのとき、クラスの子が持っていた歌詞カード「グッバイ・マイ・ラブ by アン・ルイス」を(激爆)。
ハロン湾
現在では世界遺産になっている、ベトナムきっての景勝地。ハイフォンからフェリーで4時間弱の船旅を経て、拠点となるホンガイへ移動し、さらに、ハロン湾をクルーズしてきました。

曇ってましたが、かえって墨絵の世界のようで、よかったです。
フェリーで出会った姉妹。
ブルーのブラウスの子は確か15、6歳と聞いてびっくり。
帰りのフェリーで向かい合わせた男性とそのお母さん。20代後半の独身女性3人の行く末をかなり心配してくれたお母さんでした(爆)。

フェリーの中では子どもとお絵かきや折り紙で交流し、そのうち、そのお母さんからみかんが届く、という、ほのぼのしたやりとりで楽しく過ごしました。

アジアでは「ドラえもん」が描ければ人気モノになれます(笑)。
ハイフォンの街中で
正面にある白い箱(「ビア・ホイ」と書いてある、ビアサーバーなのだ。ここで生ぬるい生ビールを飲むのがハノイ風)を撮りたかったのだが、少年が横切ってしまい、しかも宙に浮いているのが面白い!と同行の友人が気に入ってくれた一枚(苦笑)。


ハノイヘの道、お役立ち(リンク)

地球の歩き方 基本情報。とりあえず、チェック
ベトナム社会主義共和国在日大使館 基本情報。押さえておきましょう
「ベトナムスケッチ HOTNAM」
観光から求人情報まで


トップ アイコン

直線上に配置